ヴォルスタービヨンドで朝立ちに変化は?男性ホルモンに影響は?

ヴォルスタービヨンドで朝立ちに変化は?

ヴォルスタービヨンド 朝立ち

 

男性にとって自然現象でもある朝立ちは男性ホルモンが正常に分泌されている証拠でもあります。

 

しかしながら加齢やストレス、男性ホルモンの減少などのさまざまな理由で朝立ちが起こらなくなるケースもあり、そのままそういった状態を放置してしまうとEDに陥る可能性もあるので、やはり心配です。

 

そこで注目されているのがヴォルスタービヨンドで、ヴォルスタービヨンドはシトルリンやアルギニン、亜鉛や特許成分のジオパワー15といった成分を含む精力剤サプリメントで、これらの他にも世界中から厳選された動物由来成分21種類に植物系成分27種類を配合しており、精力剤としてだけでなく、滋養強壮や疲労回復効果なども同時に期待することが可能です。

 

そんなヴォルスタービヨンドですが、サプリメントなので基本的に医薬品のような副作用などもなく、効果には個人差もあるものの、基本的には精力アップや勃起、ペニスの硬さや増大といったことが期待できます。

 

この効果によって朝立ちも可能となり、たとえそれまで元気のない状態だったとしても、ヴォルスタービヨンドの成分によって朝立ちが復活することもよくあります。

 

ただし続けることがやはり重要で、途中で飲み忘れや飲むことをやめてしまうと、やはり元気もなくなって元通りになるリスクもあるので、まずは返金保証もあるので、効果を得るためにも飲み続けることをお勧めします。

 

ヴォルスタービヨンドで朝立ちに変化は?男性ホルモンに影響は?の<目次>

ヴォルスタービヨンドで男性ホルモンに影響は?

ヴォルスタービヨンド 男性ホルモン

 

ヴォルスタービヨンドは、性行為に対して自信をなくしてしまった男性が使うと非常に効果的なサプリメントになります。

 

 

自然の成分が含まれているため体に大きな負担を与えることもありませんので安心です。

 

例えるならば、ニンニクをたくさん食べたり、高麗ニンジンが含まれたエキスを大量に体の中にいるようなもので、それが直接体に悪いといったことはないでしょう。

 

ただし、あまり摂取し過ぎると様々な問題が出てきますので注意をしなければなりません。

 

たとえば、1日に決められた量の5倍も6倍ものむと、その分だけ太く大きくなるわけではなく副作用が出てきてしまう可能性があります。

 

そもそも自然のものですので、無理にたくさん体に入れても限界があるため使う回数を守らなければなりません。

 

それこそ、男性ホルモンに影響が出てきてしまう可能性もあるでしょう。ですが、常識的な量をのんでいれば、それほど問題はないと考えてよいです。

 

当然ながら男性ホルモンに対しても悪影響を及ぼすようなことは考えにくいです。

 

 

実際にどれほど大きくなるかは個人差がああります。

 

大きくなった人で長さ5センチほどになりそうだない人でも2センチぐらいは変化している可能性があります。もちろん、これは継続的に摂取し続けることで効果を生み出すものです。

 

 

ヴォルスタービヨンド 最安値

なぜ朝立ちするの?メカニズムは?

ヴォルスタービヨンドで朝立ちに変化は?男性ホルモンに影響は?

 

朝立ちとは、朝起きた時に勃起している状態のことです。

 

男性としては、元気のバロメータといわれています。

 

 

なぜ、朝立ちするのかメカニズムを解明していきましょう。

 

朝立ちは、睡眠の深さと密接な関係があります。

 

睡眠には、深い眠りと浅い眠りがあり、およそ90分ずつで交互に入れ替わるとされています。浅い眠りの時に、実は夜中でも勃起しているのです。浅い眠りとは、体は寝ているのに脳は起きている状態です。

 

そこで勃起するということは、身体が自分自身を修正しているということです。また、勃起を忘れないようにと試運転しているともいえます。

 

さて、睡眠から起きる時に、浅い眠りの状態から起きるか、深い眠りから起きるか、というタイミングがあります。

 

浅い眠りから起きるタイミングの時には、勃起している状態からそのまま起きるので、勃起つまり朝立ちという状態になります。

 

深い眠りから起きるタイミングだと、勃起は収まってしまっているので、朝立ちがないということになります。

 

 

朝立ちしていなくても、がっかりすることも健康でないかもしれないと思う必要もないのですね。

 

朝立ちは、睡眠の質と深く関係しているということがわかります。良質の睡眠をとるということは、体の状態をベストに持っていくために、必要なことなのです。

朝立ちの回数の目安とは?

ヴォルスタービヨンドで朝立ちに変化は?男性ホルモンに影響は?

 

朝立ちがないとかあるとか、それほど一喜一憂せずともよいのです。

 

浅い眠りから起きるのか、深い眠りから起きるのか、で朝立ちのあるなしが決まるからです。浅い状態から起きる時に、朝立ちとなります。

 

 

では、どれくらいの頻度で朝立ちがあればよいのでしょう。

 

朝立ちの状態が2週間に1~2回くらいだとしたら、勃起を促す男性ホルモンが減っているかもしれないという疑いを持った方がいいかもしれません。

 

心配する前に、寝ている間に勃起しているかどうかを確認するべきかもしれません。
方法は、2つあります。

 

1.まずは、エレクトメーターという器具を使う方法です。これは、医師に相談してみるとよいでしょう。

 

2.もうひとつ、自宅で簡単にできる方法がスタンプ法と呼ばれているものです。

 

切手の余白部分の用紙を寝る前にペニスに巻き付けておきます。朝起きた時に、巻き付けた用紙がちぎれていれば、寝ている間に勃起があったという証拠です。

 

もし、なかったなら医師に相談するとか、男性用サプリメントを飲むといった回復方法があります。

 

サプリメントを飲んで体質改善をしていくなら、生活習慣、とりわけ良質の睡眠をとれるように環境を整えていきましょう。

 

朝立ちの目安は、2週間に3回以上朝立ちがあるか、1~2回程度か、ということです。

男性ホルモンの分泌を妨げる生活習慣とは?

ヴォルスタービヨンドで朝立ちに変化は?男性ホルモンに影響は?

 

男性ホルモンの分泌が減ってくると、当然勃起の回数も減ってきます。
では、男性ホルモンの分泌を妨げる生活習慣とは何でしょう。

 

大きく上げられるのが、メタボリックです。

 

メタボリックは全ての生活習慣病の原因ともいえる症状です。特に、血流が悪くなることで、男性ホルモンの分泌が妨げられるのです。

 

ただ「年齢が年齢だから」とあきらめたり放置しておくのは、よくないことです。

 

 

また、日頃のストレスも男性ホルモンの分泌を妨げることになります。

 

仕事の進み具合、人間関係、家族とのコミュニケーション、など、窮屈だとかしんどいと思うことは、ストレスになります。ストレス解消する方法をみつけたり、楽しく仕事ができる環境を整えていきましょう。

 

ストレスを放置しおくと、男性も更年期障害になってしまいます。

 

勃起しないだけでなく、体にも変調があったり、気持ちが沈んだり、うつうつとした日々になってしまいます。

 

 

そして、一番はやはり良質の睡眠がとれているかいないか、ということが男性ホルモンの分泌にも深くかかわってきます。

 

何時間寝たかではなく、きちんと深い睡眠と浅い睡眠のリズムができているか、ということです。

 

悪い生活習慣を見つけたら、改善していくことが大切です。

 

ヴォルスタービヨンド 最安値